Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://tadasato.blog82.fc2.com/tb.php/197-267992bb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

もしも赤松先生がサンデーで連載していたら…

今や赤松先生はマガジンの看板作家ですが、もしもライバル誌のサンデーで連載していたらどうなっていたのでしょうか?

赤松先生が「AIが止まらない!」を連載した1994年当時のマガジンはヤンキー色が強く、どうもアウェイ感は否めません。
そこで作品のカラーが近いサンデーで連載していたらを想像してみたのです。
ただ連載作はマガジンのそれと同じとします。

まず「AIが止まらない!」をサンデーで連載します。
サンデー誌上でも人気を博します。
ですが当時の赤松先生は週刊連載に耐えうる体力がなかったので、サンデー超での連載となるでしょう。

それから満を持して1998年に「ラブひな」をサンデーで連載。
これが大ヒットでサンデーの看板作品となります。
ひいては2000年度か2001年度かに小学館漫画賞受賞します。
当然ながら同時に「かってに改蔵」でも頻繁にネタにされます。
さらに巻末コメントでも熾烈な応酬が見られることでしょう。
とどめは小学館漫画賞受賞パーティーでのご両人の対面に尽きるでしょう。
これを機に赤松先生と久米田先生はライバル兼親友になるのは間違いないでしょう。

そして2003年に「魔法先生ネギま!」を連載。
これもアニメ化されますが、深夜枠は深夜枠でも深夜34:00の放映でしょうか(それも4クール)。
しかしOVAの話はないかも…。
一方の久米田先生は「かってに改蔵」終了後、2005年に「さよなら絶望先生」を連載します。
この場合サンデーでもマガジンでもネギまいじりは続くことでしょう(マガジンだとしてもここでのネギまは他誌連載なので作家いじり禁止の縛りがないため)。

とりとめのない文章でしたが、赤松先生がサンデーの作家だったらざっとこのような感じになるでしょうね。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://tadasato.blog82.fc2.com/tb.php/197-267992bb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

FC2カウンター

+150570

こーゆー奴なんです、こいつは!

只見サトシ

Author:只見サトシ
好きな漫画:魔法先生ネギま!、さよなら絶望先生、らき☆すた他
好きなゲーム:桃太郎電鉄シリーズ、真・女神転生シリーズ、ToHeart2
好きなネギまキャラ:早乙女ハルナ、佐々木まき絵
好きなネギまCP:パル×ちう

フリーエリア

▲7/31まで投票やってます!
▲WEB拍手ボタンです~
よろしかったら何か一言どうぞ~

あわせて読みたいブログパーツ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。